Windowsで複数のテキストファイルを1つにまとめる方法

Windows

エンジニアをやっていると、下記のようなことはございませんか?

  • データ連携された複数のCSVファイルをまとめて表示したい
  • 日付ごとなど、複数に分割されたログファイル1つにまとめて表示したい

こんなときはWindowsの「type」というコマンドを使ってみましょう。

実際に使ってみた

以下のように2つのテキストファイルがあるとします。

フォルダ

それぞれの内容は以下の通りです。

test1.csv
※最終行には改行が入っています
test2.csv

typeコマンドはコマンドプロンプトから実行します。
以下の手順で開きます。

Shiftキーを押しながら右クリックで「コマンドウィンドウをここで開く」

コマンドプロンプトが開かれたら以下のコードを打ち込んでみましょう。

エンターキーを押下して実行

以下のように表示されれば成功です。

成功した場合、下記のように「test3.csv」というファイルが生成されています。

ファイルの内容は以下のようになります。

test1.csvとtest2.csvの内容が連結されてtest3.csvに書き出されています!
このように、データが1つのファイルにまとまっていると検索などもしやすいですね。

解説

typeコマンドは、本来ファイルの内容を表示するコマンドです。

type (ファイル名)

でファイルの中身が表示されることを確認できます。

スペースで区切って複数のファイルを指定すると、全てのファイルが連結されて表示されます。

「> test3.csv」の部分は、「実行結果をtest3.csvというファイルに出力しろ」という意味です。この指定により、実行後に新たにファイルが作成されます。

活用

今回はtest1.csv、test2.csvという2つのファイルのみを対象としましたが、これがtest1、test2……test100まであるとしたら、コマンドプロンプトに打ち込むのも一苦労ですね。

今回の「test(数字).csv」のように、ファイル名に規則性が存在する場合、「ワイルドカード」による指定ができます。

今回の規則性をワイルドカードで表現した場合、以下のようになります。

test*.csv

これは「test」で始まり、「.csv」で終わるということを表します。

この表現を用いてもう一度コマンドを実行してみます。

どうやらワイルドカード指定の場合は、どの順番で連結するかは指定できないっぽい。

まとめ

typeコマンドを用いることで複数のテキストファイルを1つのファイルにまとめることができます。

このコマンドを知らない場合、対象のファイルを片っ端から開きまくってコピー&ペーストで連結されたファイルを作成すると思いますが、こちらの方が高速でミスなく作業ができますね。

尚、このコマンドはテキストファイルのみが対象です。画像ファイルのようなバイナリファイルには使用できません。

そのため、複数の画像ファイルを連結させて1つの画像を作るようなことはできません!

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました